常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

mea culpa 復習

Facebook社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏がdata scandalについて公の場で謝罪をしました。この記事の中で気になる表現を見つけましたので、紹介します。

NEW YORK(AP)-Breaking five days of silence, Facebook CEO Mark Zuckerberg apologize for a “major breach of trust”, admitted mistakes and outlined steps to protect user data in light of a privacy scandal involving a Trump-connected data-mining firm.
“I am really sorry that happened,” Zuckerberg said of the scandal involving data mining firm Cambridge Analytica. Facebook has a “responsibility” to protect its users’ data, he said in a Wednesday interview on CNN. If it fails, he said, “We don’t deserve to have the opportunity to serve people.”
His mea culpa on cable television came a few hours after he acknowledged his company’s mistakes in a Facebook post, but without saying he was sorry.

以下省略

http://the-japan-news.com/news/article/0004321320

本日取り上げる表現は、mea culpa /ˈmeɪɑː ˈkʊlpɑː/ です。過去の投稿に鑑みても、今回はたやすく推測できるものとはいえませんでした。

そこで、『スーパーアンカー英和辞典』(第四版、学研教育出版)を引いてみると、「[しばしばおどけて]私が悪うございました、過失(落度)を認めること」と記されていました。いうまでもなく、情報漏洩はおどけて謝罪する事ができるものではありません。したがって、mea culpaは軽い問題から深刻なものまでと、使用できる範囲は広いものだと言えるでしょう。(WREN)

mea culpa #2 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から
mea culpa 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から
mea culpa 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から
mea culpa 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から