常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

proxy 復習

 働いている保護者の方々はPTAに参加する時間が取りにくいということからPTA代行サービスができましたが、それに関して問題点が挙げられています。

Strangers are attending meetings of parent-teacher associations, dutifully taking notes and even volunteering for school-related activities.

They are neither teachers nor parents of the students. In fact, before their first PTA meeting, they had absolutely no connection to the school.

Are they spies? Identity thieves?

Not necessarily. They have been hired by actual parents and guardians to act as proxies for the often-bothersome and peer-pressured tasks of being a PTA member.

Many working parents say they are simply too busy to attend PTA events, so businesses offering stand-ins are like a godsend.

But the system raises moral and ethical questions. And some critics say the proxy services shatter the sense of volunteerism that is at the heart of PTAs.

Others say the PTAs are antiquated and need to reform to reflect changes in society.

以下省略

http://www.asahi.com/sp/ajw/articles/AJ201710030001.html

 気になった単語は“proxy”です。『ジーニアス英和辞典』(第五版、大修館)を参照すると、「代理人」と載っていました。また、“stand proxy for”で、「〜の代理を務める」となります。本文では“stand-in(s)”の言い換えとして使われていると考えられます。
 ちなみに、インターネット関連では、プロキシーとは高速なアクセスや安全な通信を確保するための中継サーバーを指すそうです。(Large Lake)