常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

cardiomyopathy 復習

 iPS細胞から作った心臓の筋肉の細胞をシート状にし、それをもとに心臓病の治療を行う臨床実験の申請が大阪大学内の審査委員会に提出されました。

1st study eyed using iPS for heart disease

A research group led by Yoshiki Sawa, professor at Osaka University, has filed with a committee of the university for the world’s first clinical study on a heart disease treatment using iPS cells.

If the project is approved by the committee, the group will file with the government and launch the clinical study in the first half of 2018.

The study will cover three ischemic cardiomyopathy sufferers aged 18 to 75. Heart muscle cell sheets produced from induced pluripotent stem cells will be transplanted into them and their condition will be observed.

以下省略

http://the-japan-news.com/news/article/0003833829

cardiomyopathy /kɑ`rdioumaiɑ'pəθi/ を取り上げます。cardiacは「心臓(病)の」という形容詞ですが、それをふまえると、cardiomyopathy のcardioは心臓に関係のある言葉のようです。手持ちの紙辞書では見つかりませんでしたが、電子辞書の『ジーニアス英和辞典』(第4版 大修館書店)には「(病理)心筋症」とありました。

 Merriam-Websterには “any of several structural or functional diseases of heart muscle marked especially by hypertrophy and obstructive damage to the heart” と定義されており、心臓の肥大が原因の1つであることが述べられています。

 cardioとmyopathyに分けて考えると、cardioには「心臓を強化する運動」myopathyには「筋障害」の意味がそれぞれあることから、これらの意味が組み合わさって上記の意味になると考えられます。(aqua)

cardiopulmonary 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から
cardiovascular 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から
cardio #2 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から