常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

befuddle #2

マイケル・ジャクソンさんを再現ドラマで白人の俳優が演じたということに批判の声があがっています。

Michael Jackson episode pulled after backlash over white actor

After an uproar over the portrayal of Michael Jackson in a British TV production, Sky Arts announced it would not broadcast the episode featuring Joseph Fiennes as the late superstar.
The show "Urban Myths" had cast Fiennes, who is white, as Michael Jackson, leaving fans befuddled and incensed. And the release of the trailer on Wednesday did little to assuage that furor.

http://edition.cnn.com/2017/01/13/entertainment/michael-jackson-joseph-fiennes/index.html

今回取り上げるのはbefuddleです。

ジーニアス英和辞典』(第五版、大修館書店)では「混乱、困惑させる」とありました。
Oxford Living Dictionaryによると、通常は形容詞の“befuddled”の形で用いられるそうです。

また、この単語は“be”と“fuddle”から成り立っており、“fuddle”は「(酒、薬物などが)を酔わせる」、名詞では「泥酔;朦朧状態」となり、“get in a fuddle”で「頭が混乱する」を表します。

よってマイケルファンは困惑し、激怒していることがわかります。(flyignbird)

befuddlingly - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から