常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

cloak-and-dagger

サイバー攻撃が増える中で,中国のサイバー対策やアメリカとの関係などについて述べられています。

Cyber warfare: Who is China hacking now?

Hong Kong (CNN)It's the nagging glitch in the US-China relationship that was inevitably mentioned during the first US presidential debate this week between Donald Trump and Hillary Clinton -- cyber warfare.

'Cloak-and-dagger to bits-and-bytes'

In the dark world of cyber-espionage, the finger of blame has often been pointed at China.
Earlier this year, China's cyber spies were accused of hacking into dozens of workstations and servers at the Federal Deposit Insurance Corp.

http://edition.cnn.com/2016/09/29/asia/china-cyber-spies-hacking/index.html

今回取り上げる表現は,“cloak-and-dagger”です。“cloak”と“dagger”の意味をそれぞれ見ていくと,前者は「マント(保護・秘密・悪などの象徴),覆い隠すもの」,後者は「短剣,短刀(暗殺の象徴)」(『ジーニアス英和辞典』大修館書店)となります。

“cloak-and-dagger”は,どのような意味になるのでしょうか。辞書を引いてみると,「(劇・小説・映画が)陰謀の,スパイ活動の,秘密の」と記載されていました。さらにMerriam-Websterには,“relating to or showing actions or behavior in which people or governments try to protect their important secrets or try to learn the secrets of others”と定義されています。

また語源を調べてみると,The Phrase Finderに,The Derby Mercury, July 1769, under the title of “A Speech of a Nobel Earl to a Great Personage”で初めて使用されたそうです。(Nao)

under the cloak of - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から
in disguise - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から