常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

cadence

オバマ大統領が現役大統領として初めて被爆地・広島を訪問したことは全世界で大きな話題となりました。

At Hiroshima Memorial, Obama Says Nuclear Arms Require ‘Moral Revolution’

HIROSHIMA, Japan — President Obama laid a wreath at the Hiroshima Peace Memorial on Friday, telling an audience that included survivors of America’s atomic bombing in 1945that technology as devastating as nuclear arms demands a “moral revolution.”

中略

In his speech, Mr. Obama, using the slow and deliberate cadence that he uses on only the most formal and consequential occasions, said that the bombing of Hiroshima demonstrated that “mankind possessed the means to destroy itself.”

http://mobile.nytimes.com/2016/05/28/world/asia/obama-hiroshima-japan.html?emc=edit_na_20160527&nlid=73334187&ref=headline&_r=0&referer=

“cadence” /kéɪdns/は,『ジーニアス英和辞典』によると「拍子, リズム, (詩の朗読の)声の抑揚 」また「(文末で)声の調子を下げること」という意味がありました。LDOCEでは“the way someone's voice rises and falls, especially when reading out loud”と定義されています。“deliberate cadence”とあり、“deliberate”は「意図的な」「悠然とした」という意味がありますが、ゆっくりとした調子で、定期的に間を入れて言葉を大事に話していた印象を受けましたが、意図的な抑揚であることがわかりました。(lua)