常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

run roughshod over

最近話題のカプセルコーヒー。実は,そのカプセルが環境に悪影響を与えるとのことです。

The German city of Hamburg has banned coffee pods from state-run buildings as part of an environmental drive to reduce waste. Should others follow suit, asks Chris Stokel-Walker. First there was the coffee bean, then the instant coffee jar, and then expensive coffee shop drinks on the go.

Leblanc is one of the people behind the Kill the K-cup campaign. With a local film studio, the campaign produced a spoof monster movie last year in which a giant made of plastic coffee pods runs roughshod over a city. In Leblanc's hometown of Halifax, he believes, 200,000 or more capsules have been kept away from landfill by convincing residents to take their coffee in a different manner.
http://www.bbc.com/news/magazine-35605927

今回取り上げる表現は,“run roughshod over”です。“roughshod”には,副詞で「〈馬が〉滑り止め付きの蹄鉄をつけて」といった意味がありますが,“run roughshod over”は,どのような意味になるのか。『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)を確認してみると,「(の気持ち)をまったく考慮に入れないで進む,を踏みいじって進む」と記載されていました。今回の場合は,後者の意味で用いられています。また,“ride roughshod over”とも表すこともできます。“run”の方は,主にアメリカで使われています。(Nao)