常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

be shone into

先週,大阪空港でANAなどの定期便にレーザービームが操縦室に当てられる事件が起きましたが,今春、ロンドンのヒースロー空港でも同様の事件が発生したことを同社が明らかにしました。副操縦士がレーザーの影響で網膜に深刻な傷を負っていたようです。

A British Airways pilot suffered severe eye damage after a laser was shone into his cockpit at Heathrow airport, the British Airline Pilots' Association has said. There have been many such attacks in the last one year and the latest was with a laser of "military strength".

The pilot's right eye's retina reportedly got burned in the attack when the plane was landing at the airport, according to the association's general secretary, Jim McAuslan. The incident has raised concern over the safety of pilots.

"We're very concerned about it. When something as strong as this comes on the scene it starts to worry us," McAuslan told The Guardian, adding that lasers are easily available on the internet and elsewhere.

https://uk.news.yahoo.com/british-airways-pilot-suffers-eye-054536564.html#wloLgEJ

今回はレーザーを「照射する」に注目してみたいと思います。

記事をみてみると、“shine into”が用いられていました。
shineは真っ先に「輝く、光る」が思い浮かびましたが、『Wisdom英和辞典第3版』(三省堂)を確認してみると「shine : 〈光・明かりなど〉を照らす、あてる、向ける」という意味がありました。英英では“to point a light somewhere --- CLD”と定義されています。

レーザーといえば、私が小学生の頃はガチャガチャで簡単に手に入る代物でした。目への影響が問題になってから、校区内では使用禁止になってしまったことが記憶に残っています。しかし、今回は「軍用並みの強さ」のものが使用され、比べ物にならないほどの光線が浴びせられたことが想像できます。(Chris)

http://d.hatena.ne.jp/A30/20140517/1400327511