常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

iridescent

9月15日、コスタリカで、虹をまとまった奇妙な雲が上空に浮かびました。ちょうど、その日は、コスタリカ独立記念日でした。偶然というか不思議なものを感じます。

An iridescent, multi-hued cloud phenomenon was recently spotted in Costa Rica skies, and residents were left awestruck and mystified. The spectacle in the sky was reported this past Tuesday afternoon in numerous cities including, San Jose, Parrita, Pavas, Escazu and Hatillo. Coincidentally, the sighting occurred on the country's Independence Day.
以下省略

今回取り上げる表現は、“An iridescent, multi-hued cloud phenomenon”です。まず、“iridescent”を見ていくと、『ジーニアス英和辞典第4版』(大修館書店)には、「虹色、玉虫色」と記載されていました。“multi-hued”は、「いろいろな色のついた、多彩の」です。これらが組み合わさると、「虹色で多彩の雲の現象」、つまり、「彩雲現象」になると思います。また、彩雲は、環水平アークととても似ています。違いは、彩雲は、七色に混ざって、広がっていて、環水平アークは、横に一直線に伸びているものです。「環水平アーク」は、英語で、“circumhorizon arc”、“circumhorizontal arc”と言います。(Nao)

http://abcnews.go.com/US/mysterious-iridescent-end-times-cloud-phenomenon-spotted-costa/story?id=33834206


http://d.hatena.ne.jp/A30/20100809/1281358667