常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

UCL通信

こんばんは。お忙しいところ、失礼します。1日遅れですが、2日目のことを送ります。体調を崩している学生が多いので、私も気をつけています。毎日疲れ果ててしまい、1日遅れてしまいました。すみませんが、よろしくお願い致します。

2日目はT先生より、地下鉄やバスなどの使い方を教えていただきながら、ロンドンの観光地を巡りました。9時からUCLを出発し、地下鉄でCharing Cross駅で降り、The National Gallery、そこからビックベンが南の方角に見えるので、歩いていき、国会議事堂やウエストミンスター寺院などを見た後、St Jame's Parkという大きな公園を通りながらバッキンガム宮殿に向かいました。向かっている途中で、道路が封鎖されたので、何が始まるのかと思ったら、ガース博物館で衛兵交替の練習を行うためで、偶然にも見ることができました。そこからGreen Parkを通り、Piccadilly Circus駅まで行き、また午後1時にUCLに戻ってきました。

そこからは自由行動で、もう一度Piccadilly Circusに行き、TKTSというミュージカルの当日券を安く売っている場所があるのですが、行ってみたところ馴染みのあるものがなく、また劇場で買うよりも値段が高くなっていたため、また別の日に直接劇場に聞きに行くことにしました。別のチケット販売所ではオペラ座の怪人レミゼラブル、ライオンキング、マンマミーアがすごく人気で予約もいっぱいでチケットが取れない状況のようです。

近くには中華街もあり、行ってみました。雰囲気がガラリと変わり、面白いなと思いました。そこで、チャップリン銅像に出会い、思わず写真を撮りました。

食事について気になる人も多いのではないかと思いますが、この日は夕食にフィッシュアンドチップスを食べに行きました。魚の種類を選ぶことができ、魚は鱈を選び、レギュラーかラージサイズがあり、レギュラーを楽みました。値段は15ポンドで割と高いお店に行ったのかもしれませんが、ボリュームがあり、全部は食べきれませんでした。それでも本場の味を食べることができ、よかったです。面白かったのはお店が狭いので、外にもテーブルがあるのですが、道路沿いにあるので、車が止まれば、車の中の人と握手が出来てしまうくらいの距離で食べることになり、日本ではなかなか考えられないと思いました。私と一緒に回っている友人でその道路に近いテーブルに座って食べていたのですが、タクシーの車が止まり、運転手のおじさんが、窓を開けて“I like chips!”と言って、ちょうだいというジャスチャーをしてきました。驚きましたが、ポテト一つあげると、“Thank you!”と言ってまた走って行きました。タクシーの運転手さんはお客さんを乗せていて、仕事中だったのですが、自由だなと思いました。

毎日見るもの、感じるものが多くまだまだお伝えしたいことがあるのですが、特に印象に残っているものをあげました。

授業は月曜からなので、その間色々な場所を回りたいと思います。(lua)