常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

anything to go by

最近では大型ホームセンターでも売られている3Dプリンター。安いものであれば20万円以下のものあり,新たな経済成長分野として注目されています。
今回採り上げるのはIf history is anything to go byという表現。以前にブログで「呼ばれている」という意味のgo byが採り上げられていますが,ここでのgo byは「…に基づいて判断する」(『プログレッシブ英和中辞典』小学館)という意味で用いられています。よって,anything to go byは「判断基準となるもの」,If history is anything to go byで「これまでの歴史から考えると」「歴史を踏まえると」と解釈できます。(Koyamamoto)

3D printer boom lures new wave of Japan entrepreneurs
TOKYO — Junichiro Asami gave up a stable job to join a group of Japanese entrepreneurs building businesses based on 3D printing, showing the sort of pioneering spirit Prime Minister Shinzo Abe hopes can revitalise a calcified economy.
If history is anything to go by, Asami’s and Abe’s task will not be easy. After World War II, businessmen built companies that turned into the likes of electronics giant Sony Corp, but since then Japan has not produced a new global technology powerhouse as people have become less tolerant of risk and of failure.
http://www.japantoday.com/category/technology/view/3d-printer-boom-lures-new-wave-of-japan-entrepreneurs

cf. http://d.hatena.ne.jp/A30/20130216/1360984629