常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

bunch-backed toad

リチャード三世の骨について、さっそく俳優や舞台監督がコメントを発表しています。さすが名優サイモン・ラッセル・ビール。ちゃんと『オセロー』のイアーゴについても言及しています。また他の俳優が(歴史は関係ないと言いつつも)リチャード3世の個人史を調べたことに対し、サイモン・ラッセル・ビールは「だってフィクションだろ」と言い、あくまでシェイクスピアの『リチャード三世』に徹し、彼の考えるグロスター公リチャード象を創りあげました。

さてリチャード三世といえば、病気で曲がってしまった背中です。記事の"bunch-backed toad"は、母マーガレットが一幕三場でグロスター公リチャードについて発した台詞で「背中にコブのあるあいつ」という意味です。名詞bunchには「房」などの意味のほかに「コブ」という意味があります。

余談ですが、実際にリチャード三世が病気で曲がってしまった背中を持っていたことは、『リチャード三世』がエリザベス朝のプロパガンダである、ということにはならないとジョナサン・スリンジャーは言っていますが、当時のエリザベス朝を考えると史実の通りにリチャード三世を描くことは、依然としてそれなりの意味があるだろうな、と思います。(Othello)

cf. This blessed plot, this earth, this realm, this England、リチャード三世のadore、そしてJapan Timesの記事の訂正 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

Richard III: Shakespearean actors rake over the remains | Stage | The Guardian

Simon Russell Beale

I think it's rather sad news. My first reaction was: that poor man. He didn't have a very happy life, and he ended up under a car park. What I feel sad about it is that it doesn't change anything, not really.

I didn't do any historical research when I played the part, for obvious reasons: it's a fiction. . . .

(中略)
It's interesting that they think he did have a curvature of the spine. I wanted him to have the shape of a retired American footballer: very big and heavy, with a huge upper body compared to his legs, and a tiny bald head. People said I looked like Shakespeare's "bunch-backed toad", as his mother calls him. His disability is incredibly important to the play – it's a motor for his fury. Will I be going up to Leicester? Well, I think I might.