常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

international shuttling

シリア情勢はまさに風雲急を告げています。しかしながら、シリアを戦略上の橋頭堡(bridgehead)ととらえるロシアは国際社会の軍事介入はあってはならない、という姿勢をくずしていません。

After days of international shuttling on what to do with the troubling situation in Syria, Russia's foreign minister said Saturday his country will never agree to foreign intervention.
Despite warnings of Syria spiraling into a civil war, Russian Foreign Minister Sergei Lavrov said at a televised briefing in Moscow there was no alternative other than implementing Special Envoy Kofi Annan's peace plan, despite its failures.

shuttleは「往復すること、シャトル」ですが、ここではうまくはまりません。ここでは「混迷の度合いを深めるシリア情勢に対処するための国際社会のやりとり」あたりでしょうか。
ちなみにtroubling は先生がご著書に書かれているように「急を要する問題」で、カタカナの「トラブル」とは温度差があります。(GP)