常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

A letter from ヘブン

UG先生
 ご無沙汰しております。今まで報告もできず大変申し訳ありません。勤務し始めてからの近況を報告をさせて頂きます。
 私は今年1、2年生を教えていますが、1ヶ月が経ち改めて教えることの難しさを実感しています。生徒の英語に対するモチベーションを上げるためにどのような授業展開をすべきか、どのようにすればより分かりやすいものになるか、どのように説明をすれば良かったのか、指示を出すべきだったのか等、自分自身の実力不 足を痛感しながら反省と試行錯誤の毎日を過ごしています。
 また、1年生の担任とバスケットボール部の副顧問をしていますが、日々の活動や生活から生徒の視点、立場に立ち、生徒が理解し、納得できる入念な説明や指示を出す重要さを強く感じています。それは、こうして欲しい、こうあって欲しいという狙いがありながらもそれをはっきりと生徒に理解させられない経験からで す。自分の話し方が生徒に対して考慮できていない話し方であることを実感しました。 
 1ヶ月を振り返り浮かんでくるのは反省ばかりですが、一日一日の反省を無駄にすることなくしっかりと自分の成長につなげると共に、続けて教師として必要な力をつけられるように自己研鑚に励んでいきます。
 先生、授業や校務を始めさまざまなお仕事でご多忙だと思いますのでどうぞご自愛ください。
Sak Cherry