常時英心:言葉の森から 1.0

約10年間,はてなダイアリーで英語表現の落穂拾いを行ってきました。現在はAmeba Blogに2.0を開設し,継続中です。こちらはしばらくアーカイブとして維持します。

basket-case

以前に採り上げたNewsweek(10/18/10)のTHE WORLD’S THEIR OYSTERから英語表現を採り上げます。
The Chinese no longer see the international landscape as one to be dominated by the United States and Europe—and rightfully so. As a European Council on Foreign Relations paper put it last week, the Chinese view "Europe's status within international institutions as untenable," which was more than evidenced by the tone taken toward the Greeks at the EU summit last week. Offers to buy the bonds of this basket-case nation were accompanied by Greek support for China's market-economy status and a push for the EU arms-sale embargo to China to be lifted.
http://www.newsweek.com/2010/10/10/china-s-time-is-now.html
今回採り上げるのはbasket caseです。文脈からはnegativeな意味だと推測できます。辞書で調べてみると,「‘だるま’(両手両脚を切断した人)全く無力な者,手も足も出ない人,(神経が)衰弱しきった人,どうにもしようのない[機能しない]もの」とありました(『リーダーズ英和辞典』第2版,研究社)。つまり,手も足も出ない様子を表しているわけですが,辞書にもあるように日本語では「だるま」を比喩として用いるのに対し,英語ではbasket caseなのですね。(院生 小山本)